HOME

音声で読みあげる

病院のご案内

ごあいさつ

これからもあらゆる取り組みを重ねて、患者さまをサポートし続けたいと思います。

写真:医療法人 松井医仁会 理事長・院長 松井 孝明

私ども医療法人松井医仁会大島眼科病院は、1906年(明治39年)福岡市博多区上呉服町に開業して以来、「目のことなら『呉服町の大島さん』」と地域の方に支えられ親しまれて成長して参りました。

患者さまに心を通わせて、不安や苦痛を解消することが使命であるとの考えを「人を基本とする医療」という言葉にかえて基本理念としています。 現在、1日300名を超える外来患者さまをお迎えし、年間5,000件を超える眼科手術を行っています。眼科の常勤医師はみな日本眼科学会認定の専門医を持っています。どのような目の病気にも、それぞれの患者さまに最善の経過をたどって頂けるよう、医師同士で知識や経験などを出し合い学び続けてもいます。
目の病気は生活習慣病にかかわることも少なくありません。当院は糖尿病内科を併設しています。そこで糖尿病専門医が「わかりやすい糖尿病治療」を掲げ日常生活のアドバイスを含めた治療も行っています。

糖尿病内科は予約制ですが、現在のところ眼科では予約制をとっておりません。「予約制では病院の都合で診察する患者さまの数を制限することになる」との考えの下です。そのため、日によっては患者さまに長くお待ちいただくことがございます。患者さまを長くお待たせすることは私どもとしても不本意ですが、各医師がそれぞれの患者さまのお話をよく伺いたいとの気持ちをおくみ取り頂けましたら幸いです。

皆さまの信頼にお応えできる「目の総合病院」として、これからもあらゆる取り組みを重ねて、患者さまをサポートし続けたいと思います。

医療法人 松井医仁会 理事長・院長 松井 孝明