HOME

音声で読みあげる

病気を知る

眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂とは

まぶたが十分に、または全く上がらないことによる病気です。
見かけの問題はもちろんのこと、視野が狭くなったり見づらくなったりすることで大変な苦痛となります。
肩こり、頭痛、自律神経症状などがあらわれることもあります。

原因と症状

まぶたが下がっている状態にも、生まれつきのもの、加齢によるもの、何らかの病気によるものなど様々な原因があります。
原因によって治療(手術)方法が異なるため、何よりもまぶたの状態・原因を明確にする確定診断が必要です。

治療

保険診療による手術を行います。

  • 皮膚切除:皮膚がゆるんでまぶたが下がっている場合は、余分な皮膚を除去します。
  • 腱膜固定術:まぶたを引き上げる筋肉(眼瞼挙筋)の腱膜を瞼板に縫いつけ固定する方法です。
  • 前頭筋吊り上げ術:眼瞼挙筋の機能がよくない場合は、太ももの筋膜を瞼板と額の筋肉(前頭筋)に移植して前頭筋の力でまぶたを挙上させます。

現在当院では、久留米大学病院形成外科名誉教授の田井良明先生が上記手術を行っています。
もちろん当院の医師も行います。

両眼の老人性眼瞼下垂の場合(両眼の手術)

写真: 両眼の老人性眼瞼下垂の場合(両眼の手術)

長年のコンタクトレンズ装用による眼瞼下垂の場合(右眼のみ手術)

写真: 長年のコンタクトレンズ装用による眼瞼下垂の場合(右眼のみ手術)

外傷による右眼の眼瞼下垂と外斜視(右眼の眼瞼下垂と外斜視の手術を施行)

写真: 外傷による右側の動眼神経麻痺の場合(右眼の手術。外斜視の手術も行った)

右側の顔面神経麻痺の場合(両眼の手術)

写真: 右側の顔面神経麻痺の場合(両眼の手術)

<監修:春野 佳子>