HOME

音声で読みあげる

病気を知る

黄斑上膜~黄斑前膜・黄斑前線維症~
(おうはんじょうまく~おうはんぜんまく・おうはんぜんせんいしょう~)

黄斑上膜とは

黄斑部の網膜の前に膜がはってしまう病気です。加齢によって硝子体が縮むことに関係しているので、高齢者に多く、女性に起きやすい病気です。頻度的には黄斑円孔よりも多くみられます。

写真:黄斑上膜:黄斑の上の白色の膜状物 正常な黄斑

写真:黄斑上膜:網膜上にある膜(網膜上の赤いところ)に引っ張られて網膜がふくらんでいる 手術後(ほぼ正常)

症状

ものが歪んで見えたり、ものの大きさが違って見えたりします。視野の中心が全く見えなくなることはありませんが、膜の形成が進むにつれて、ゆっくりと視力低下をおこします。

治療

写真:治療 点眼、内服などの治療方法はなく、局所麻酔で、硝子体を切り取って網膜上の膜をはぎ取る硝子体手術を行います。30分程度の手術です。

手術は、視力がかなり低下してしまってからでは、膜を取っても視力回復が得られないことがあります。
かといって突然失明してしまうような病気ではないので、手術を急ぐ必要もありません。視力が0.7前後に低下した段階、またはもののゆがみが強くなった段階の手術が一番効果的でしょう。
1~2割の人が再発をおこしますが、その中で手術が必要になるほど進行する人は5パーセントぐらいです。

<監修:上野 暁史>