目の病気を知る

白内障

白内障とは

目の中には「水晶体」というレンズに当たる部分があって、ピント合わせをしています。 白内障は、水晶体がくもりガラスのように白くにごってしまう病気です。

原因と症状

透明な水晶体(正常)にごった水晶体(白内障)人の目はカメラとそっくりな作りになっていて、水晶体はカメラのレンズに当たります。 カメラのレンズがくもっていると良い写真が撮れないのと同じように、白内障では物がくもってみえたり(霧視)、光の乱反射でまぶしく感じたり、視力そのものが低下します。 白内障と聞くと「加齢が原因」と思いがちですが、生まれつきのもの(先天性白内障)、怪我によるもの(外傷性白内障)、糖尿病やアトピー性皮膚炎・ステロイドの使用などによるもの(続発性白内障)などさまざまです。

治療

白内障の初期には、進行をできるだけ遅らせる目的で点眼薬を使いますが、ある程度進んだ白内障に対しては手術が必要です。 手術方法は、点眼麻酔のあとに、わずか3ミリ以下の切開から超音波で水晶体を砕いて吸引する「超音波乳化吸引術」を行って水晶体を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを挿入するのが一般的です。 小切開法で行うため、安全かつ患者さまの早期社会復帰を可能にしています。手術時間は15分足らずです。 片眼2~4日の入院、又は術後の通院が可能であれば片眼ずつの日帰り手術も行ないます。 当院では熟練した常勤医師が年間約3,000例の白内障手術を行っており、患者さまからも高い評価をいただいています。

受付時間

眼 科

平 日
8:30〜16:30

午前中の診療をご希望の方は、12:00までに受付をお済ませください。

土曜日
8:30〜12:00

[診療開始]9:00〜、14:30〜
[休診日]日曜・祝日

詳しくはこちら

受付時間

糖尿病内科予約制

平 日
8:30〜16:30

午前中の診療をご希望の方は、12:00までに受付をお済ませください。

土曜日
8:30〜12:00

[診療開始]9:00〜、14:30〜
[休診日]第2・4土曜、日曜・祝日

詳しくはこちら