目の病気を知る

黄斑浮腫(おうはんふしゅ)

黄斑浮腫とは

病名ではなく、さまざまな原因によって起こる、網膜の黄斑部に液状の成分がたまってはれている状態をいいます。視力低下や歪み、ものの大きさが違って見えるなどの症状が出現します。

原因となる病気

  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞性疾患
  • ぶどう膜炎

治療

原因によって治療方法は異なります。

  • トリアムシノロン(マキュエイド®など)のテノン嚢下注入
    眼球の周りに注射します。腫れを起こす原因物質をおさえます。
  • 抗VEGF薬(ルセンティス®やアイリーア®など)の硝子体内注入
    硝子体(眼球内)の中に注射します。血管からの液体成分のもれを減らすことで腫れを軽くします。
  • トリアムシノロンの硝子体内注入
    硝子体(眼球内)の中に注射します。腫れを起こす原因物質をおさえます。
  • 硝子体手術

受付時間

眼 科

平 日
8:30〜17:00

午前中の診療をご希望の方は、12:30までに受付をお済ませください。

土曜日
8:30〜12:45

[診療開始]9:00〜、14:30〜
[休診日]日曜・祝日

詳しくはこちら

受付時間

糖尿病内科予約制

平 日
8:30〜12:00
14:30〜17:00
土曜日
8:30〜12:30

[診療開始]9:00〜、15:00〜
[休診日]第2・4土曜、日曜・祝日

詳しくはこちら